不倫の「前川恵」衆院議員の発言!どんな人?結婚や子供・経歴は?

3月発売の「フライデー」で、前川恵衆院議員と中川俊直衆院議員との不倫が報道されました。

まあ、不倫報道はいつものことなので、バカな新人(前川は1期目、中川は2期目)議員が、自分の職責(国民からの信任)も忘れて好き勝手なことをしているな、とこの不倫報道はスルーしていました。

ところが、驚いたことに、今回、中川議員は、別の女性(テレビ東京時代の同僚)との重婚ウェディングを週刊新潮に書かれて、政務官辞任・自民党離党となりました。

重婚ウェディングとはどういうこと?中川俊直政務官の電撃不倫辞任の理由

前川恵氏の写真。この写真が一番きれい?

「前川恵」の画像検索結果

前川恵〈出典:ヤフー画像〉

バカ答弁の際の前川さんはやはり、間抜け面。

「前川恵」の画像検索結果

中川氏と愛人とのウェディング写真

中川俊直氏と愛人とのウェディング写真

テレビでタレントの杉本彩さんが、ウェディングドレスの愛人女性とは仲良しと語っていました。

〈引用:スポニチ〉
タレントの杉本彩(48)が「今回のことは残念」とスポニチ本紙にコメントした。
 女性はファッションブランドの社長で「華やかで個性的」。杉本が毎年主催するダンスパーティーの常連だという。東日本大震災で被災した猫の里親を探す活動に尽力する杉本に、自身も猫の里親になるなど協力した。

中川俊直氏は愛人について、元テレビ東京時代の同僚と言ってましたが、現在はファッションブランドの社長をされているんですね。

さて、「ハワイで挙式した愛人」と「前川恵議員」の時期的関係は、「前川恵」の方が最新の愛人ということで、3月発売の「フライデー」を見た「ハワイ挙式愛人」が頭にきて、中川議員とトラブルになったようです。

そのトラブルの結果、別れ話にまでなったのですが、何を血迷ったのか中川議員は未練たらしく、「ハワイ挙式愛人」の自宅まで行き、ドアがへこむほどドアを叩き続け、最終的には警察に通報されることになって、今回の「ストーカー登録?」報道にまでなった次第です。

「ハワイ挙式愛人」と中川議員との関係がどのようなものかよくわかりませんが、別れ話が出た時点で、これ幸いと別れておけばいいものを。
わざわざ自宅まで押しかけていき、警察に連行されるとは、この中川俊直衆院議員はどこまでバカなんだ!

国会議員としての自分の責任が全くわかっていません。
「下半身」は達者なようですので、衆議院議員を即刻辞任して、AV男優に転身した方がいいと思うんだけど。

ところで、このバカさ加減が露呈した中川俊直衆院議員の父親・秀直氏も女性問題では相当なもの。

父・秀直氏は自民党の幹事長につくなど、政界の要職を歴任しましたが、自宅の自分のベッドの上で愛人が秀直氏の愛犬を抱っこしている写真がリークされ、結局沈没。政治生命が経たれました。

それに、その愛人に、覚せい剤疑惑がかかっていた時、愛人に捜査情報をもらし「気を付けろ」と言ったそうな。息子以上にひどいもんです。

「自分のベッドの上に愛人を寝かせ・・・」というと、数年前、モデルの梅田賢三を家に連れ込んだ矢口真里と一緒ですね。

中川議員の政務官辞任・自民党離党に関わり、前川恵衆院議員がテレビでインタビューを受けていました。

その際の彼女の落ち着きのなさが印象的で、彼女に興味を持った次第。(たぶん、ちゃんとした仕事はしていないだろうな)

おどおどしていて、視線は定まらず、動揺が表情にありありと浮かんでいました。
そのインタビューでは、中川議員との不倫報道を否定して、「法的措置をとる」と語っていましたが、訴えても勝てないでしょうね。

なぜなら、前川恵氏と中川俊直氏との不倫は、自民党議員の中では有名な話。2人は約2年間に渡って「密会」を続けており、マンションでの合流写真をはじめ、あちこちでツーショット写真を撮られています。

どうやら、前川議員の方がお熱を上げていたことから察すると、前川議員はつまみ食い愛人で、中川氏の本命愛人は「ハワイ挙式愛人」だったのかもしれません。

さあ、おバカ議員の雰囲気がいっぱいの前川恵氏についてみていきましょう。

1 結婚は

していません。

2 子供は

いません。

3 出身高校・大学は

出身高校はアメリカの米国カリフォルニア州 クレセンタバレー高等学校ということで、10代はアメリカで過ごしたようです。ということは、英語くらいは話せるんでしょうね。

1998年に慶應義塾大学を卒業しています。

4 出身地は

東京都です。

5 衆議院議員になる前の仕事

料理研究家ということで、米国カリフォルニアにおける生活経験を売りにして、心も体も健康で元気になる料理や生活提案を行っていました。

6 衆議院議員に初当選

2014年、第47回衆議院議員総選挙の東京ブロック比例単独で初当選しました。

7 初登院の際の初当選議員へのTBSインタビューで。

定数削減について聞かれて

「それは個人的なことですよね。」と答えました。→驚きのトンチンカン発言です。国民にとって民主主義の根幹にかかわる重要なことです。“(-“”-)”

続いて、議員定数が削減されると、比例の議席も減るがと聞かれて、

「わかんない。それはノーコメントです。」と答えました。

思うことがあればと聞かれて、

「コメントは控えます。」と答えました。→初登院の際に、初当選議員が記者に抱負を聞かれて、コメントを控える場合ではないでしょう。小学生の児童会の会長だってもっとましな発言をします。

8 現在の議員活動は

2年間で国会質問は0回。これは国会での新記録(珍記録)だそうです。

どうやら、初登院の際のインタビューで、トンチンカン答弁をしたため、幹部からきつく叱られて発言を控えるようになったとみられています。小部会でも発言はほとんどないようです。

政府与党から見れば、失言されるよりはましなのでしょうが、国民から見ると税金泥棒のような議員です。なぜなら、前川恵氏にはこの2年間に、歳費(税金)がおよそ2億円も支払われているのです。

彼女は、中川俊直氏との不倫活動には一生懸命だったことは想像できますが、国会議員として国民のために一体何をしたいのでしょうか。

一体、どうなってるんだ、自民党議員たちは。

野党議員が優秀だとは思わないけど、それにしても、金田法務大臣をはじめ、最近の自民党議員の低能ぶりはどうなってるの。(野党はもっとしっかりしろ!)

初当選して、本当ならやる気満々の良い時に、インタビューというせっかくの機会をもらっておきながら、「ノーコメント」だの「ワカンナイ」だのとトンチンカンな答えしかできない前川恵氏のような人間を自民党はどこから拾ってくるんでしょうか。

彼女は政治家として、普通の市民より明らかに程度が低いのに、自民党公認となっています。なぜなんでしょうか?

立候補者をどんな基準で選考しているのでしょうか。能力や志や人格は一番後回しで、人気だけを基準にしているのでしょうか。でも関西地方の僕は、東京在住の料理研究家・前川恵なんて全く知らなかったけど。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。