豊田真由子衆院議員の暴言と音声記録(保存版)人間の表と裏どちらが真実

次は、豊田真由子衆院議員の公式サイトの写真や記事です。

彼女を知る女性はこの写真と実物はずいぶん違っており、この写真では道ですれ

違っても、わからないそうです。

確かにこの写真は、加工し過ぎですね。

<とよた真由子公式サイトより>とよた真由子,豊田真由子

プロフィール欄には、輝かしい学歴と職歴が記載されています。

プロフィール

昭和49年10月10日生まれ
A型、天秤座
趣味:絵画鑑賞、ジョギング、料理、生け花
家族:夫、長男(7歳)、長女(5歳)

<学歴>
平成 2年 :私立桜蔭中学校卒業
平成 5年 :私立桜蔭高等学校卒業
平成 9年 :東京大学法学部卒業
平成14年:米国ハーバード大学大学院修了(理学修士)

<職歴>
平成 9年 :厚生労働省(旧厚生省)入省

以後平成24年まで、介護、医療、高齢者・障害者福祉、
感染症・生活習慣病対策、 戦没者・遺族の援護などに携わる。
平成15年:金融庁総務企画局課長補佐
平成19年:在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官
新型インフルエンザパンデミック等に
WHO担当の外交官として対処。
平成23年:厚生労働省老健局課長補佐
平成24年:第46回衆議院議員総選挙において、埼玉県第四選挙区
(朝霞市・志木市・和光市・新座市)にて初当選
平成26年: 二期目当選
平成27年:第3次安倍改造内閣におきまして、文部科学大臣政務官、
東京オリンピック・パラリンピック大臣政務官、復興大臣政務官を
拝命いたしました。教育・科学技術・スポーツで地域と国を振興し、
笑顔と活力のあふれる国づくりに、全力で取り組んでまいります。

また、『とよた真由子の歩み』欄には、次のように記されています。

<とよた真由子の歩み>
昭和49年:千葉県にて出生
3人姉妹の真ん中で、元気いっぱい育つ。幼い頃から探究心旺盛。
かけっこと歌が好きな、明るく活発な少女時代。
「子ども記者」として、市長に取材したことも。

昭和62年私立桜蔭中学校入学 → 桜蔭高等学校進学
よき師・よき友に恵まれた女子高で6年間を過ごす。
クラス代表として生徒会役員を務め、茶道部で和と伝統の心を身に付ける。

平成5年東京大学文科一類(法学部)入学 
将来は国のために働きたいと、法学部公法学科に進学。
佐々木毅教授の政治学ゼミ所属。
行政研究や市民の方の法律相談に乗るというサークル活動で、日本のより良き未来について日々考える。友人と児童養護施設等を訪ね、弱き立場の人々・困難な状況にある人々に、光が当たる世の中にしなければならないと、心に誓う。

弱き立場の人々・困難な状況にある人々に、光が当たる世の中にしなければならない』との

言が目を引きます。

公式サイトでここまでの資料を見ると、豊田議員はきっとき立場の人々・困難な状況に
る人々」の味方なんだなと誰もが思うでしょう。 
ところが、彼女の政策秘書に対する罵倒・暴言が、次の音声です。

〈出典:週刊新潮 凶暴代議士「豊田真由子」による秘書への“絶叫暴言&暴行傷害”音声 YouTube〉

次は、上の音声を文字に起こしたものです。
 
さて、豊田真由子議員は彼女の表(公式サイト)の顔と秘書を罵倒している傲慢でヒステリック
な裏の顔とを持っていることがわかったのですが、どちらが本物なんでしょうか。
誰しも、少しは二面性を持っているものですが、彼女の場合は極端に違っており、裏の顔は彼女
の人格そのものを疑わざるを得ないような顔です。
上の音声記録の後に第2弾の音声記録が公表されましたが、そちらの言動はさらにおぞましく、
「死ねばー」「お前なんか生きている価値ない」などと、秘書に浴びせかけています。
学校では、子供を死に追いやるかもしれないようないじめの言葉であって、そんな言葉を母親で
ある国会議員が、立場の弱い秘書に言い放っているのです。
今回、彼女の東京大学法学部卒業、米国ハーバード大学大学院修了(理学修士)、そして国会議
 
員という経歴を見ると、学歴や職業・IQは、人格に比例しないということを如実に物語ってい
 
るように思います。
豊田真由子氏は今は入院しているということですが、退院した時にはこの件を国民
 
にどのように説明するのでしょうか。
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。