AKB・NMB・HKT、アイドルグループの横文字ネームの由来や組織について

今年の『AKB48 49thシングル選抜総選挙』が、沖縄の豊崎美らSUNビーチ(6月17日開票)で行われます。

この選抜総選挙に、NMB48山本彩さん(23)とAKB48柏木由紀さん(25)が出馬を見送ることをツイッターで表明しましたが、このニュースをきっかけに、AKB、NMB、HKT等の横文字ネームの由来を調べてみました。

さて、選抜総選挙のネーミングから。

『AKB48 49thシングル選抜総選挙』は、別名を第9回AKB48選抜総選挙と言います。

この総選挙は、今年のAKB48の49枚目のシングルに参加する選抜メンバー(上位16名)をファンによる投票によって決定するイベントですね。
で、このファンによる投票イベントは、今回で第9回を数えるので、別名『第9回AKB48選抜総選挙』と言います。

次に、グループの横文字のネーミングが何を意味しているのか、なんとなく分かっているつもりでしたが、各種ブログを調べてみることにしました。

すると、これが意外とむずかしい。公式には説明されていないみたいです。

それで、いろいろな説明をピックアップしてみました。

まず、AKB48から。

〈出典サイト:ハピズム〉

まず、「AKB」という名前は、ホームグラウンドである秋葉原(アキバ)が由来だと思われがちだが、実は違う。本当の由来は、このグループを作ろうと企画をした人達(3人)の文字を取ったというのだ。

「A=秋元康、K=窪田 康志、B=芝幸太郎のB」。

本来なら、芝なので「S」のはずなのだが、「AKS」よりも「AKB」のほうが、ホームグランドの秋葉原にもかかるし語呂もいいと、秋元さんが芝さんに諭し、「芝ちゃん、ごめんね。でもその代わりAKBの最後に『48=シバ』って入れるから」と言ってAKBになったそうだ。

私は、地名、秋葉原(アキバ)の頭文字からAKBを取ったのだろうと思っていたのですが、人名から取った頭文字とのこと。真偽のほどはどうなんでしょうか。

正解は、秋元氏に聞くしかないと思いますが、大方は地名説「AKIBA」です。

さて、女性アイドルグループAKB48・SKE48・HKT48等の運営管理会社は、『株式会社AKS』といい、AKB48・SKE48・HKT48等の商標権も保有しています。

〈出典:Wikipedia〉

株式会社AKS(英文社名:AKS Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く総合人材派遣会社である。

社名はAKB48の主要創設者である秋元康(Akimoto)・窪田康志(Kubota)・芝幸太郎(Shiba)の頭文字を由来とする。芸能プロダクション、レコード会社、音楽出版社、映画の企画および制作会社、ノベルティグッズの販売会社も手掛け、女性アイドルグループAKB48とその姉妹グループSKE48・HKT48・NGT48(以下「日本国内各グループ」とする)の運営管理会社として商標権を保有している。

社名「AKS」は、創設者、「秋元 康 氏」、「窪田 康志 氏」及び「芝 幸太郎 氏」の3人の頭文字とのこと。

この説は、本当じゃないかな。3人の頭文字がそのまま、AKSですからね。

「秋元 康 氏」について

秋元 康(あきもと やすし、1958年5月2日 – )は、日本の作詞家、放送作家、漫画原作者。中央大学文学部中退。東京都渋谷区在住。株式会社秋元康事務所所属。

AKB48グループや乃木坂46・欅坂46のプロデューサーで、ほぼ全ての楽曲の作詞をし、番組の企画構成やドラマの脚本なども手掛ける。日本映画監督協会会員。2010年6月、日本放送作家協会理事長に就任[3]。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。2016年4月、代々木アニメーション学院名誉学院長兼総合プロデューサーに就任。〈出典:Wikipedia〉

「窪田 康志 氏」について

窪田 康志(くぼた やすし)は、日本の実業家。出身地、生年月日は非公表。

KRKプロデュース株式会社代表取締役社長、有限会社レーヴ青山代表取締役社長、元株式会社AKS代表取締役社長。AKB48プロジェクト・エグゼクティブプロデューサー。愛馬会法人「株式会社大樹レーシングクラブ」前代表取締役。日本中央競馬会個人馬主、地方競馬全国協会個人馬主。〈出典:Wikipedia〉

「芝 幸太郎 氏」について

芝 幸太郎(しば こうたろう、1973年11月8日 – )は、日本の実業家。高知県四万十町(旧幡多郡十和村)出身。

株式会社office48代表取締役社長、株式会社グラッシーズ代表取締役社長。森林によるCO2吸収促進プロジェクト「僕と地球を繋ぐ森」代表。高知県観光特使。

女性アイドルグループ「AKB48」創設者の一人として著名。同グループ名の「48」は芝の名前から取られたという説もある。〈出典:Wikipedia〉

『AKB48』について

これまで、「AKB48」って、何人いるの?と思ってたんですけど、正規メンバーと研究生とを合わせると、100人を超えるんですね。(納得)

また、いくつかの姉妹グループが、僕はよく理解できていなかったのですが、調べてみて納得です。

姉妹グループとして日本国内には、SKE48・NMB48・HKT48・NGT48があり

日本国外には、JKT48・BNK48があります。

日本国内の姉妹グループについて

『SKE48』

専用劇場を名古屋市・栄に有し、ここを拠点として中京圏を中心に活動しています。秋元康が総合プロデュースを手掛けるAKB48の姉妹グループ(AKB48グループ)の1つで、2008年に誕生しました。

「SKE」は栄のローマ字表記(SaKaE)に由来。

『NMB48』

秋元康のプロデュースにより、2010年に誕生。

大阪市・難波を拠点とし近畿地方を中心に活動するグループです。

「NMB」の由来は、劇場の所在地である中央区と浪速区に跨る大阪の二大繁華街の一つ、ミナミにある「難波(なんば)」(NAMBA)からとっており、「難波48」とも称されるます。

『HKT48』

福岡市を拠点に活動するグループです。
2011年10月23日に誕生しました。やはり、秋元康が総合プロデューサーを務めています。

「HKT」は、福岡市の一部地域を指す「博多」(HAKATA)に由来しています。

『NGT48』

2015年に誕生した新潟市を拠点とするグループです。

新潟は大阪、名古屋、博多に比べると、ちょっと田舎でここに設立されたとき意外に感じましたが、マーケティングとかちゃんとした結果なんでしょうね。

「NGT」の由来は、劇場所在地の「新潟」(NIIGATA)に由来します。

日本国外の姉妹グループ

『JKT48』

ジャカルタを中心に活動しているグループ。
名前のJKTは、ジャカルタ(JAKARTA)に由来しています。

秋元康の総合プロデュースにより、2011年9月よりメンバーのオーディションを行い、同年デビューをしました。

『BNK48』

タイ・バンコクを拠点に活動するグループ。

総合プロデュースは秋元康氏。

グループ名BNKは、バンコク (Bangkok) から取っています。

グループの総称としては、「AKB48グループ」・「AKBグループ」・「48グループ」などと呼ばれています。

最後に、この選抜総選挙に、NMB48山本彩さん(23歳)とAKB48柏木由紀さん(25歳)が出馬辞退をした件。(出馬締め切りは、3月31日24時00分でした)

この選挙の上位16位までのメンバーが、2017年8月に発売予定の49thシングルの選抜メンバーに選出されることになっているので、出馬辞退ということは、このシングル作成のメンバーにはなれないということ。

このAKBグループの山本彩さんと柏木由紀さんの本当の気持ちは、よくわかりませんが、あまり、露骨な競争イベントには参加しない方が得策かもしれません。

シングルのメンバーに選ばれても、センターに選ばれない限り、結局、その他のメンバーになってしまいます。

二人ともAKBグループ内で、現在、それなりのポジションを築いているので、オンリーワンで頑張り、自分の固定ファンを増やして行く方が将来につながるかもしれません。

以上、「なるほどブログ」でした。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。