自死した兄と生き残った弟。弟に幸あれ。

スポンサーリンク

その神経がわからん!その43

うつ症状に陥った兄弟が二人共、自殺を図った経験があり、兄の方はお気の毒にもそれで

亡くなってしまった。トピ主の弟の方は幸い、死なずに今日に至っている。…という過酷

で厳しいレスの内容。

母親は「毒母」ということだが、兄弟が小さい頃は母親は絶対的存在だから、そのお母

さんに喜んでもらおうと、あるいは気に入られようと、勉強でもなんでも一生懸命に頑張

ったんじゃないかな。

生き残った弟さんには、まずは幸あれ。

〈出典:おーぷん2ちゃんねる

265 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/06/28(木)20:07:39 ID:mo1
※オカルト的な要素あるので苦手な方注意

ある日、亡くなった兄が夢に出た
そのことを何気なく母に伝えると、私の夢には出て来てくれないのに…
とかなり落ち込んだ様子だった

多分一生出てこないと思う

校風が合わず登校したくないと弱音を吐いた兄を、軟弱者の言い訳でしかないと叱りあげて逃げ道を塞いで
その結果兄を鬱にしてしまった張本人は母なのに

何年も良くなったり悪くなったりを繰り返した末、結局何気ないキッカケで自死を選んだ兄
その兄が、自分の事を想っていつか夢枕に立ってくれるはずと本気で思っていた母にスレタイ

かなりの毒母で参っていた自分も、楽になりたい一心で自殺図った事がある
が、未遂に終えてから、母=実家から逃げる事だけを糧になんとか生きて来た

独り立ちの算段がつき新居へ向かうその日に、冒頭の兄の夢を見た
実家から出て行く=逃げ出して行く自分を祝福してるかのような笑顔だった

母を恨んでいたのかは生きてる間聞けずじまいだったけど、今回の夢で自分の味方でいてくれてるような気がして嬉しくなった

実家が人寂しくなったのか、こちらの都合も考えずまた一緒に暮らそう、いつでも帰ってきてもいいと
寝言のような事を連絡してくる母には更にスレタイ

実家をでてからメンタルが超回復して、自殺未遂起こしたのが嘘のように人生がめちゃめちゃ楽しいので
戻るつもりは毛頭ない

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。