スポンサーリンク

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その25

画像

スポンサーリンク

2ちゃんねるのレス

4: 名無しさん@おーぷん 19/05/21(火)18:14:18

遠方のおじが亡くなった時、おじの父親である祖父が「親より先にしぬなんて親不孝ものめ!」と毒づいて、葬儀を取り仕切ろうとした。
おじには家族があるというのに。
しかも、おじは洗礼を受けた経験なカトリック信者だったのに、祖父が「うちは浄土真宗なんだ!」と譲らず寺院で葬儀を執り行うことになった。
人の意見なんて聞かないで勝手に進めるものだから、祖父の家は東本願寺派なのに、間違えて西本願寺派のお寺を手配していた。誰も縁もゆかりもない、聞いたこともないお経を聞きながら、葬式って誰のためのものなんだろう…と思った小1の冬。あれは子供心に大変衝撃的な体験でした。

私は浄土真宗を信仰しておらず、未だにわからないのですが、お西様の、抑揚の強い歌うようなお経、あれは何というお経だったのか、ご存知の方いたら教えてください。

8: 名無しさん@おーぷん 19/05/21(火)21:20:08
>>4
正信念仏偈っていうんだって
17: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)14:25:24
>>4ですが
>>8ありがとう!こういう感じだったように記憶してます!般若心経はよく耳にするんだけど、こんな風に歌うようなお経を聞いたことがなく、衝撃的でした。今聞いてもやはり聞きなれない…

5: 名無しさん@おーぷん 19/05/21(火)18:15:20
経験×
敬虔○
すみません

6: 名無しさん@おーぷん 19/05/21(火)18:58:42
同僚の葬式に行ったとき
キリスト教式(同僚の妻が信仰、同僚は信者じゃない)でやった後に帰ろうとしたとこを「もしよかったら」と呼び止められ
お仏壇の前でお焼香あげさせてもらった(同僚と同僚両親が信仰)ことがあったよ
こんな時くらい、穏やかにできたらいいのにね




9: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)00:47:01
大学生の頃、事故で頭を強く打ったことがきっかけ?で、洋服や食べ物趣味などの好みが変わってしまったこと。
入院長かったから友達も何度か来てくれて、それは嬉しいんだけど、みんなの話が全く面白いと思えない。
でも友達に聞くと、俺もよく同じ話題で盛り上がってたというし、実際記憶もある。
ちなみに事故前の趣味は、漫画、小説、海外のボードゲーム、どんでん返しのあるサスペンスとかミステリー映画をみんなで見ること、語り合うことだったんだけど。
で、それをサークルの友人たちと毎日部室や誰かの家で朝までお酒片手に楽しむみたいなことをしてた。
その記憶はもちろんあるんだけど、でもあー昔そんなの好きだったなーというか、小学生の頃ハマってたカードゲームくらいの感覚で、懐かしいけど今やりたいものではないという感じ。
友人たちとはだんだん話題が合わなくなって疎遠になり、今は全く小説も漫画も読まないし、どんでん返し系の映画よりも爽快アクションが好きだし、サークルはやめて普段は事故後に新しくできた友達たちとクラブやライブイベントに行く毎日になった。
食べ物も、昔はラーメンが好きで一人でもよく行ってたんだけど、今は食べたいと思わなくなったから誘われたときだけ。
甘いものも前は特に好きじゃなかったからもらったときだけ食べるくらいだったのに、今はすごく好きで自分で買ってまで食べてる。
好みが変わることって誰でもあるけど、俺の場合は完全に事故がきっかけっぽいし、ふとしたときにどっちの俺が本当の俺なのかとか、別人になってしまったのかとか、所詮人間は脳の電気信号一つで何もかも変わってしまうとかそんな中二病みたいなことを考えてしまう。




10: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)02:18:15
>>9
刑務所にいる異常犯罪者(連続殺人犯や猟奇殺人犯)の脳を調べたら、何らかの異常がある割合が極限に多かったという話を聞いた事がある。
脳の影響は大きいって事だね。

11: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)02:42:49
>>10
そうなんだ。たしかに普通の人に、連続殺人はできない気がする。
どうしても恨みがあってその一人とか、事故でならまだわかるけど、連続殺人とか猟奇殺人はね。
自分としては、幼稚園の頃ハマってた特撮ヒーローくらいの感覚で事故前の好きだったことを感じていて、それがすごく怖い。
自分の意志ではなく、脳の信号(しかも事故などでかんたんに切り替わる)で好きとかきらいとかの感情が変わるっていうのが怖い。
まだ若かったから友達と疎遠になるくらいで良かったけど、これで結婚でもしてたら事故で別人格のようになってしまって、奥さんを好きじゃなくなったり、逆に奥さんからしても自分が別人になってしまったらと思うとさ。
また何かのきっかけで今の趣味や性格が変わってしまうかも、とふと思ってしまうことがある。

15: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)12:13:33
>>11
どんな怪我だって100%完璧に怪我する前の状態に治ることはないんだから脳内を怪我したって同じだよ
事故でなくたって脳梗塞でも同じことは起こるし鬱や統失だって同じだ
病気や怪我なんだから仕方ない
徐々に受け入れて仕方ないと思えるようになれば快方に向かってるってことだし
どうしても受け入れられない納得できないってならそれだけ損傷が重くてもうこれ以上は快方には向かわないってだけのこった
色々変わっただろうけど命助かって五体満足で活動できてよかったね




12: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)03:20:37
フェイクあり
サバイバルゲームみたいな企画に参加することになった私
私は初参加だけど、ある程度の知識はあったし調べてから来ていたので困る事はなかった
さあ、開始…て時に同じく初心者の人が質問してきたがそれが本当に凄かった
はよ教えろや、と言いたげな態度で当たり前の事をズケズケ聞いてくる
「勝つにはどうしたら良いか」みたいな明確な答えがないものや
パンフレットを見ればわかる事を読みもせずに「わーかーらーん!」と大声で言う始末
どんどん過ぎていく参加時間、しかもある程度聞くと感謝もせずにさっさと逃げていった
あまりにも無礼な態度に腹が立ち「なんなんだ、見返りもないのか」と漏らしたら途端に知らない人3人くらいに取り囲まれた
「お前は見返り目当てで親切したのか!」「ボランティア精神というのは~無益の~」と代わる代わるなじるなじる
確かに金銭を連想させる見返りという言葉を使ったのは悪かったと思うが、ここまで説教されることなんだろうか
集中攻撃されてるのに誰もかばってくれなかった
あまりにも理不尽すぎてゲームどころじゃなくなりパンフレット投げ捨てて帰宅して一晩泣いた
なにしにわざわざ会場に来たのだろうか、やっぱり人間なんかと仲良くするのは止めた方が良かった…汚らわしいとしか言いようがない

14: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)08:08:54

成人してからずっと、自分はアルコールに弱い体質だと思っていた。
初めて飲んだビールは、コップ一杯も進まないうちに具合悪くなってリバース。
日本酒も、数回コップに口をつけて飲んだだけで悪酔いしたみたいになりダウン。
女性に人気な甘口ワインや、乾杯のシャンパンも、一口飲んだ瞬間、激しい吐き気に襲われてその後はずーっとお腹の調子が悪い。
どれだけ銘柄を変えても同じ症状なため、自分は弱いんだと思い込み、以降酒の席はソフトドリンクでしのいできた。

そんなある日、友達ととあるケーキ屋にいった。
そこで頼んだケーキに、かなり強いブランデーが使われていたのだが、うっかり気付かず(花粉症の時期で匂いが分からなかった)完食。
ところが体調は悪くならない。
ケーキに使われてる程度じゃ大丈夫なんだなと油断して、次回、別のアルコール入りケーキを頼んだところ、半分も食べないうちに具合が悪くなってしまった。
食べたのはスポンジ生地にシードルが染み込んだケーキ。
ここらで自分の体に疑問を感じ始め、色々調べてみて分かったこと。
私はどうやら、醸造酒にトコトン弱く、蒸留酒はいたって平気な体質だったらしい。
ビールも日本酒もワインもシードルも醸造酒だった。
これらを飲むとてきめんに吐き気をもよおす。
一方、ブランデーや焼酎やウォッカなどは、飲んでもまったく問題ない。
度数に関係なく、ただ醸造酒か蒸留酒かが私の体調の分かれ目だった。
これに気づいたおかげで、飲み会でもお酒を飲めるようになったし、むしろアルコール自体には割りと強い方だと判明して、我ながら衝撃だった。

16: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)12:32:52
>>14
面白い。でも誤解されたり無理強いされない?

18: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)19:51:14
>>16
14ですが、今のところ無理強いされることはないです。
ビール苦手なんで、と断ってだいたいハイボールに走ります。
某宣伝のおかげでハイボールがかなり市民権を獲得してて、ありがたい限りです。

19: 名無しさん@おーぷん 19/05/22(水)21:35:29
穀物や果物を腐敗(発酵)させて作った醸造酒と
それをさらに火にかけてアルコールを煮詰めた蒸留酒では
後者の方が悪酔いや二日酔いを招く不純物(というと失礼だが)が少なくて
受け入れられる人が多いのはよくある話
醸造酒ならではの風味が良い人もいるけどね

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その25




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。