運転中、若者よりも高齢者のほうが怒りを感じやすい

スポンサーリンク

「高齢者は怒りやすい」になるほど!

以前、投稿『老人は可愛くない?老人の性格を歌う仙厓和尚の六歌仙』に仙厓和尚の六歌

仙を載せました。(仙厓和尚:江戸時代の和尚さま)

これが、仙厓和尚の六歌仙です。

老人六歌仙 〈出典: 磯 良 の 海

1.しわがよる、ほくろができる、腰まがる、頭ははげる、ひげ白くなる。

《 顔に皺がより、肌にほくろができて、腰が曲がり、頭髪は薄くなり、髭が白くなる 》

2.手は振れる、足はよろつく、歯は抜ける、耳は聞こえず、目はうとくなる。
《 手が震え、脚がよろめき、歯は抜けて、耳が遠くなり、視力が低下する 》

3.身に添うは、頭巾、襟巻、杖、眼鏡、たんぽ、温石(おんじゃく)、しびん、孫の手。

《 身に付けるのは、頭巾や襟巻、杖、老眼鏡、湯たんぽ、かいろ、尿瓶、孫の手 》

4.聞きたがる、死にとむながる、寂しがる、心はまがる、欲ふかくなる。

《 人が話していると間に入って聞きたがり、死を恐れ、寂しがり、心がひねくれ、強欲になる 》

5.くどくなる、気短になる、ぐちになる、出しゃばりたがる、世話やきたがる。

《 くどくどと、気短になり、愚痴が多くなり、出しゃばりで、人の世話を焼きたがる 》

6.またしても、同じはなしに子を誉める、達者自慢に人は嫌がる。

《 いつも子供の自慢と自分の健康自慢の同じ話を繰り返すので、人に嫌がられる 》

高齢者は《 くどくどと、気短になり、愚痴が多くなり、出しゃばりで、人の世話を焼きた

がる 》というのが、江戸時代からわかってるんだ😅

☆運転中に赤信号が続くと若者よりも高齢者のほうが怒りを感じやすいことが判明

〈出典:おーぷん2ちゃんねる

1 :名無しさん@おーぷん:2018/07/15(日)10:01:01 ID:7Qd(主) ×
■赤信号が続くと高齢者はイライラ
「朝日新聞」によると、実験には65~74歳の高齢者20人と19~31歳の学生22人が参加。大型画面を見ながら運転する模擬装置を使い、4回連続で赤信号に引っかかり、車を停止させるなどの条件のもと、怒りを感じた度合いを測定した。

その結果、学生のグループに有意な変化が見られない一方で、高齢者のグループでは怒りを示す数値が安静時よりも高くなるという結果に。攻撃性の高まりを示す「酸化ヘモグロビン」が、左前頭葉で増えていることが確認された。

なお、青信号が続く条件で運転させたところ、両グループともに変化はみられなかったという。

■共感の声相次ぐ
この研究結果に対し、ネット上では「わかる」「納得する」など共感の声が相次ぐことに。

・意外といえば意外ですが納得できる結果でもあります。個人差はあるでしょうが、歳をとると先の短いことが頭のどこかにあるからでしょうか、気が短くなるのです

・赤信号じゃなくても高齢者はイライラしてるからなあ

・うちの父親にもその兆候が現れ始めてる気がするな

・赤信号に限らず、レジでも高齢者が文句言う率が高い

・電車に乗る際も、若い人はキチンと皆が降りるのを待ってから乗り込むのに、高齢者はそれを待たずに乗り込む、という光景を時々見かけます

・余命の少なくなった老人ほど、待たされる事は殺される事と同義! って意識とかあったりしてな

サンプル数が少なく、また実際の車道で行なわれた実験ではないため、「信憑性に欠ける」という指摘もあるものの、肌感覚では多くの人の同意を集めたようだ。

https://sirabee.com/2018/07/10/20161704389/

4 :名無しさん@おーぷん :2018/07/15(日)10:34:31 ID:3D2 ×
前頭葉衰えて理性が少なくなるのもあるけど。
どっかしら不調抱えてて、何も不快な事件起きなくても
それに耐えてるストレスかかっているので、心の余裕も無い。余裕なくなったなあと思ったら、
フラフラ社会に出てこずに隠居してほしいです…。

貴方もすぐに老人になるよ。

5 :名無しさん@おーぷん :2018/07/15(日)11:58:31 ID:tGS ×
年齢的な生理作用というより
スムーズに行く体験の機会が年数分だけあるから
スムーズに行かない事がストレスになる可能性

焼酎でもゲームとかで未経験者のモタモタプレイを見せてたら
ちょっと代われと言い出すんじゃない?

「気短」と言うよりは、老化により判断能力・状況を読み取る能力が衰えているのでは

ないでしょうか。

高齢者がスーパーのレジに割り込んでくるのも、並んでいる人たちの状況を把握できず

に、早くレジを済ませたいという自分の気持ちだけが先立つのでしょう。・・・こういう

のを「気短」というのかな?

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。