スポンサーリンク

親の死がきっかけで鬱になった休職中の夫の気持ち

スポンサーリンク

治癒に向けて何をすべきかわからない

スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part101〈出典:おーぷん2ちゃんねる

559 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/08/09(木)11:55:51 ID:Zxy [1/2]
うつで休職中。たぶんこのまま退職になる。
うつのきっかけは親の死。自分でも驚くくらい気持ちが落ちて朝布団から出られなくなって、医者に行ったらうつと言われた
朝が一番つらく、出社時間を過ぎると多少ましになって起きれる。登校拒否の子供のようだ。夕方になるとゲームできるくらいになる。
自分でもうつじゃなくてナマケ病なんじゃないかと思う。毎日10時ごろ起きて、2時くらいに嫁が用意していった昼メシを食べて、6時頃から寝るまでネットかゲームしている
嫁は今のところ許してくれてる。嫁の稼ぎは400~450くらいで、子供はいないからカツカツで二人で暮らしていけないわけでもない。
せめて家事をしようと思うが体が動かない。なんで皿も洗えないのにネットやゲームならできるんだろう?自分でもわからん
嫁にあいそつかされるのが怖いが、だからといってなんかしようとか、話し合おうとかすがろうという気力もなく寝て起きてメシ食ってゲームしてる
あせりはある。一人になるのが怖い。離婚されたくない。でも何もできないし気力がないし能力もないんだと思う。
誰かにハッパをかけてもらおうと思い文章を打ったが、ハッパをかけてもらっても何もできないだろうなって打ちながら思った

560 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/08/09(木)11:58:54 ID:Zxy [2/2]
いっそ嫁が捨ててくれたらいいのにと思うこともある。そしたらグダグダ悩まないで済む。

561 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/08/09(木)12:11:35 ID:tV4
>>559
本気でどうにかしたいならウダウダ言ってないでネットすら断てよ。と思う
うちの父親は親の死後、酒に溺れて暴れて自分以外は全員馬鹿だから見下しの対象。って感じで日本語も通じないただの老害キチになって一族全員見捨てたわw
とりあえずゲームもやるなとは言わないが控えて散歩にでもいけ

563 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/08/09(木)12:37:22 ID:uVc [2/2]
>>559
それは本当に鬱なのか?
別の病気に思えるんだけど

これが鬱病です。

565 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/08/09(木)12:47:55 ID:08k
ウジャウジャ言い訳すんな
日に当たれ

566 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/08/09(木)12:55:59 ID:47f
>>559
家族の死はなかなか立ち直れない位ショックだと思うよ
仕事や家事=現実
ネットやゲーム=非現実
みたいな感じで現実(親の死)から逃避したいんだと思う
月並みだけど今の姿を亡くなった親がみたら悲しくなると思うよ
逃げるのは楽だけど少しずつでも現実に戻ってこれますように

567 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/08/09(木)13:09:52 ID:IFz
>>559
嫁が無理となったらその時はその時で腹をくくるしかないと思うんだけども
体が動かないのはどうしようもないし家事はできなくても
風呂トイレゲームで家の中を散らかさないようにするくらいで良いんじゃない?
皿が洗えないなら食った後の皿を重ねておくとか

親御さん、あなたの心の中の支柱になってたんだねぇ

568 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/08/09(木)16:28:53 ID:5JP
>>559
うちの旦那も今週うつの診断された
仕事のストレスから出社出来なくなって車の中で自傷してた

家に帰って来てからずっとあなたと同じような事言ってるよ
私の負担になって捨てられたくない
けど迷惑に思われるのも辛いからいっそ捨ててほしい気もする
私が居ないとダメになるのはわかってるけど、こんなオレじゃ重荷にしかならないのもツライ
みたいな
お医者さんは、「今はどんなことでも悪い方向にばっかり考えちゃいますから、大事な決断は何もしないでください」
って言ってた
休養が一番大切だから、そのうち自分から何かしたくなるのを待っているように、ってさ

だから旦那がゴロゴロ寝ててくれてるだけで全然良いと思ってるし、
生きててくれてるだけで有り難く思ってるよ

逆に、妻としてどんな態度してたら心が軽くなるか教えて欲しい
旦那のために少しでも何かしたいんだ

なんていい奥さんなんだ!

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。