スポンサーリンク

知らんかった パチンコ店にATMがあるんかい! パチンコ屋に金が流れるわけだ

画像

スポンサーリンク

競馬場やパチンコ店のATM撤去など柱に…「ギャンブル依存症基本計画案」まとまる

政府は7日、ギャンブル依存症対策に関する2019年度から3年間の基本計画案を公表した。競馬場やパチンコ店からのATM(現金自動受払機)の撤去や、顔認証システムによる依存症患者らの入場制限などが柱。26日まで意見を募集し、4月に閣議決定する。

基本計画案は昨年7月に成立したギャンブル依存症対策基本法に基づき、競馬、競輪・オートレース、競艇、パチンコの主催者らが取り組むべき施策をまとめた。統合型リゾート(IR)としてカジノ施設をつくることへの懸念が根強いため、先行して依存症対策を進める。

ATMは18年末現在、中央・地方競馬場や場外馬券売り場に計11カ所あり、全国約1100のパチンコ店にも設置されている。キャッシング機能の廃止や上限設定など既存の対策では十分でないとみて、19年度以降、全面撤去に踏み切る。ただ、競馬場などでは訪日外国人客向けに海外発行カード専用のATMは残す方向だ。

依存症患者本人の同意や家族の申告があれば、現在でもギャンブルの主催者側は入場を制限できる。ただ、警備員らに頼るだけでは実効性に限界があり、顔認証システムの導入を検討する。

このほか、広告・宣伝で射幸心をあおらない新たな指針の作成▽全都道府県と政令市での相談・治療拠点の早期整備▽学校での指導▽ギャンブル依存症の実態調査――などを盛り込んだ。
3/7(木) 19:24配信 毎日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000068-mai-pol

管理人の感想

政府が、ギャンブル依存症対策に関する基本計画案を作りました。

その具体的な施策の一つに競馬場やパチンコ店からのATM(現金自動受払機)の撤去があ

るらしい。

僕、知らなかったんだけど、全国約1100のパチンコ店にATMが設置されているそうです。

パチンコ屋はホンマあくどいねえ。

パチンコなんぞ何万円も負けるようになってるわけだから、貧乏人の庶民は今日は遊んだ

なーでは帰れません。

財布の中身が空っぽになって、考えることはただ取り返すことだけ。

そこに、ジャーン!

ATMがちゃ~んと用意されてるのです。

パチンコ屋ほど、ボロい稼業はない。

スッテンテンになった客が何度も店内のATMに通うことになり、当たる確率は負けたと

きと同じですから、新しく引き出した金も結局、パチンコ台に吸い込まれていく。

こんなもん、娯楽と名をうったイカサマ博打に近いと思うんですけど。

だいたい、ギャンブル依存症対策する前に、パチンコ屋自体を撤廃すべきでしょ。

なのにIRを建設するなどと浮かれたこと(イカれたこと)を語る政治家がいる。自分た

ちだけは、IRからおこぼれをもらえると思ってるのでしょうが、世の中そうは上手くは

いくまい。

今に、IRに賛成した政治家の連中の子や孫が、IR依存症になって家を潰すだろう!

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。