スポンサーリンク

【管理人の感想】金融庁の「2000万円足りない」報告書 麻生大臣が受け取り拒否 「政府のスタンスと異なる」

画像

スポンサーリンク

管理人の感想

昨日も『年金だけでは2000万円足りないという正直な話。自民は金融庁に報告書の撤回要

求 公明「猛省促す」【管理人の感想】』を投稿しましたが、今日もその話題。

まず、聞いていただきたいのは、僕も含めて、これから定年を迎えるであろう世代も、す

でに年金をもらっている世代もこの先、自分たちが95歳まで生きるのに、公的年金だけで

生活できるなんて誰も信じていないということです。

そんなことを信じている老人がいたら、よほどおめでたい人か、オレオレ詐欺に引っか

かるレベルの判断力だと思う・・・厳しく言いますけど。

さて、この「老後、2000万円が足りない問題」で、ドワンゴの社長、夏野剛(たけし)氏

がズバリ言ってます。

こういう情報は今までも出ていたし、そうだよなって思った人も多いと思う。老人たちが“なんとなく大丈夫だろう“って思っていただけ。2000万円だって老人たちの話で、若い世代はこんなものでは済まない。かわいそうだからと言って2000万円をあげたら、下の世代の取り分がもっとなくなる。それなのにメディアも老人に寄り添ったことを言うからおかしなことになる。何言ってんだ、お前ら!と。(金融庁は)よく言った、と言うべきだ」 AbemaTIMES

自民党のやり方はさておき、僕も概ね夏野氏の感想と一緒。

でも夏野氏が「老人たちが“なんとなく大丈夫だろう“って思っていただけ。」と言うの

は間違っています。

なぜなら、実際に年金で生活している”老人”は毎日の生活の中で、不安を肌で感じている

ので、政府が将来を保障してくれるなんて誰も思っていないということです。

夏野氏は重ねて、「だから若い人は絶対年金なんて払わない方がいい」と発言し、それを

聞いた幻冬舎の箕輪厚介氏も「そうだ。そこから考えた方がいい。ゼロベースで」と同調

していました。夏野氏や箕輪氏はときに良いことを言うけど、このあたりは乱暴すぎるよ

ね。

確かに今の年金制度は下の世代が上の世代を支える仕組み。

なので、それがダメなら自分自身のための積立方式にどう転換していくかというあたりに

アイデアを提示してほしいな。

「だから若い人は絶対、年金払うな」なんて、無責任なアジテーターが言うことだと

思います。

ところで、誰が「騙されたー」と声高に叫んでいるのかというと、その場限りの人気取り

メディアと野党のみんさんだけなんですよね。

蓮舫議員は国会で、「いつから公助が自助に変わったのか」なんて安倍総理に詰め寄って

いたけど、だったら野党の政策なら解決できるのかというと全く展望が持てない。だから

野党には指示が集まらない。

このあたりの野党のスタンスは、安全保障論議で「戦闘機を買うより、そのお金を福祉に

回せ」と言ってるようなもので、安全保障の論議にはなっていない。なので国民からはや

っぱり信頼されない。

金融庁の出したレポートの「公的扶助(年金)だけでは、生活は維持できないし、年金

支給額は、この先どんどん少なくなっていくよ」というのは事実です。

(ただし、金融庁の「国民の預貯金を投資に回してやれ」という意図の是非は後にして)

ですので野党も与党もその事実にそって議論をしっかりとして、国会議員みんなで考えま

したという年金改革案を出すしかないように思います。

そうなのに、麻生太郎金融担当相が、金融庁審議会が作成した「老後の30年間で2000万円

が不足する」という報告書を受け取らないという。

で、その理由が「政府のスタンスと違う」というもの。

コレって、自分たち政府の都合のよい報告書だけ上げてこいということですよね。

バカじゃないの。

自分で設置した審議会の報告書なんだから、それを受け取ってちゃんと論議すべきでしょ

う。スタンスが違うなら、どうして違っているのか、自分たちの政策に間違いはないのか

を慎重に検討すべきだと思います。

それに受け取ろうが受け取らまいが、国民に隠せることではないし、隠したらダメなこと

です。

次は、カトパンこと加藤綾子キャスター。

加藤綾子キャスター:風間さん、麻生大臣が(報告書を)受け取らないってどういうことなんですか?

風間晋解説委員:
政府にとって、不都合な真実が明るみに出てしまった報告書なんですよ。今までも年金だけではちょっと心配だよね、赤字だよねってみんな薄々勘付いてはいたわけです。ところがここに、長寿というか、政府が「人生100年時代」だって盛んに言い始めているわけじゃないですか。この赤字が人生100年と合体して「30年で2,000万円足りない」という、数字としてはっきり出てしまった。だからインパクトが大きい。これはちょっとまずいということで、報告書はなかったことにしようとしていますけど、この状況は隠せないわけですよね

加藤綾子キャスター:
受け取らなくても、これは変わらないということですよね

紛糾「老後資金2000万円不足」問題…政治家が何を言おうが明らかなのは“不都合な真実”…』FNN.jpプライムオンライン

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。