スポンサーリンク

玉川徹氏と田崎史郎氏が日韓関係を巡り白熱の議論…田崎氏の「甘えの構造の脱却をはかる」との意見に「韓国とずっと対立していく未来を見ている?」と思い込みの激しい玉川氏

画像

画像

スポンサーリンク

玉川徹氏と田崎史郎氏が日韓関係を巡り白熱の議論…田崎氏の「甘えの構造の脱却をはかる」との意見に「韓国とずっと対立していく未来を見ている?」と玉川氏

11日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、安倍晋三首相(自民党総裁)が11日発足の改造内閣の人事を特集した。

スタジオには政治ジャーナリストの田崎史郎氏が出演。今回の人事で「対韓シフトを強化した」と指摘し「今まで甘やかしたものから甘えの構造からの脱却をはかるんだと、それが政府の考え方」と解説した。この意見にコメンテーターで同局の玉川徹氏は「甘えの構造からの脱却の未来に何を見ているんですか?韓国とずっと対立していくっていうことでいいっていう未来を見ているんですか?」と尋ねた。

これに田崎氏は「それは今までの甘えの構造からの脱却した先に何があるか分かりません」と返したが、玉川氏は「そこを見てないと手前の方針って決められないじゃないですか?」と疑問を投げかけた。この問いに田崎氏は「それは韓国側がどう変わるかっていう問題もありますでしょ?」と聞き返すと玉川氏は「韓国は変わらないですよ。人の国なんか変わらない」と応じた。

このコメントに田崎氏は「どっちが悪いかっていうことですよ。請求権協定を平気で破るような行為に出る。日韓慰安婦合意は事実上なくしちゃう。そういうことをやる国とどう対処するかということです」と指摘したが玉川氏は「例えば拉致問題は安倍総理の官房副長官からのずっと念願ですけれど、北朝鮮とも今こんな状態ですよ。韓国というパイプもなくなってそこの問題、どう解決するんだっていう話にもなってくるし。一体どんな未来を韓国と対立する未来を見ているんだろう?」と同じ問いを繰り返したが田崎氏は「対北朝鮮における韓国の役割ってこの政権から見ると低いんです。すでに米朝に移っている。米国を頼りにした方がうまくいく」などと応じた。

これに玉川氏は「それこそ米国にべったり頼っていてすべての問題をですよ。米国が永遠にトランプ政権が続くわけでなくトランプ政権じゃなくなった時に元のような状態に戻ったとしたら、それでまたはしご外されるわけですよね、すべて米国に頼っていればいいっていう未来じゃなくて、日本は日本で韓国と向き合うっていうビジョンが特に僕は見えてこない」と指摘したが田崎氏は「繰り返しになりますが日韓請求権協定と違う事やっているのは韓国なんです」と返した。玉川氏は再び「それは短期的に起こったとしても将来的に仲良くなる未来を見ているんですか?」と尋ねたが田崎氏は「それは韓国と仲良くして日韓の訴訟を差し押さえやってますよね、それに対して応じていけっていう話ですか?」と迫ると玉川氏は「いやいや、それが短期的にどういうっていう問題よりも長期的に何を見ようとしているのかわからないから僕は聞いているんです」と繰り返した。

この問いに田崎氏が「長期的には隣の国ですから関係が切れないようにやっていくんです。でも今この時点では強硬に出るほかない」としたが玉川氏は「それで未来もそのままで行くと思っているんですか?」と食い下がると田崎氏は「今は原則を維持したままやっていくしかない」と応じた。

白熱した議論にスタジオは静まり返り緊迫した空気が流れた。平行線をたどる議論に司会の羽鳥慎一アナウンサーが「お取込み中ですがいったん、CMに行ってよろしいですか」と割って入りCMに入り議論は終わった。
9/11(水) 10:03配信スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000047-sph-soci




ネットの声・考え

gun*****
一方的に相手の要求を呑んで自国民に負担を強いることを未来に向けた友好というのであればそんな物はいらないんですよ。仲良くするのであれば日本はここを譲歩する。相手はここを譲歩するといった交渉ができるのが前提。玉川さんが嫌いな人と友好関係を結ぼうと努力してみて下さい。

fum***** 
現在の日韓関係の全ての責任は韓国側にある。これは日本政府の基本的な考えだ。
未来の事など誰にも分からないからこそより良き未来に向かって日本は動いている。
韓国がより良き未来に向かって動いてるとは日本では誰も思っていない。

sar***** |
玉川さんは発言がめちゃくちゃで矛盾していました。

玉川さんが日本は謝っていないとかいうから

田崎さんが「今までの歴代総理大臣は謝ってますよ?!」と言えば

「わかってます、わかってます」

わかっているならなんで謝ってないとか嘘を言うのか!?

ドイツとポーランドの話をして比べていましたが、
日本と韓国では交わしている協定の内容も違っていれば、経緯も違うので的外れもいいとこ。

田崎さんもあきれながら反論していました。
田崎さんがあんなに怒っているとこはじめて見ました。

shi***** 
田崎が正論だ。 ダメなものはダメとはっきり言ったほうが 韓国 というより 現在の文政権にとっては誠意のある対応だ。

核心を突く 
韓国というパイプもなくなってそこの問題、どう解決するんだっていう
話にもなってくるし。

拉致問題の解決に、韓国が少しでも役に立った事があったかって話し。

met***** 
玉川は社員なのに政治的に偏った意見しか言わないのはどうなのか
言うならフリーになって言うべき
玉川の存在が一番の甘えの構造

sue***** 
また今日も玉川氏は、ドイツがポーランドに謝罪を続けているのを見習えとの主張を繰り返していた。
そもそもポーランドと、ポーランドを軍事侵略したドイツとの関係と、日本と、併合で当時日本だった韓国との関係は全く違う。
これを同じ次元で論じるのがそもそもの間違い。
こんな主張をテレビで垂れ流すのは大問題です。




lux***** 
確かに対立はしたくはない。しかし、韓国は政権が変わるとすべてがなかったことになり、やることが180度変わったりする。甘やかし続けていても、有事の際にはどちらについているかわからないような国を味方だと思って戦略を組み立てて、いざというときに敵でしたというのが最悪のパターン。今のうちに現実をしっかりと突き付けてはっきりしてもらわないと困るというのが政府の立場でしょう。
玉川さんも論理派を自認するなら、思考から甘えを捨てていただきたい。そしてこれぐらいのことはしっかりと論破できるコメンテーターがテレビに出てほしいですね。


うりぼう 

対立する必要もない。
未来志向の丁寧な無視で。


you***** 

田崎さんが正しいと思う。

ohi***** 
この番組、玉川徹ショーになってるね。なんで公共の電波を使って玉川徹みたいな極左の意見を聞かされないといけないの?YouTubeでやれば?

fir*****
田崎氏に同感!

tig***** 
なぜ嫌がらせを受けている方が折れなきゃないの?
全く理解できない。
今までそうやって甘やかし続けたから、あそこまで増長してしまったんだろ?
無論、メリットとデメリットがあるのは重々承知だが、未来のことを考えればこそ、そういう問題ではない。




zip***** 
とりあえず国家間の合意を反故にする文政権が続く限り、日本の対応はこのままを維持すべきでしょう。
未来としては、合意を順守する考えを持つ政権が韓国に誕生しない限り、静観するしかないでしょう。
今は政権間の対立が顕著ですから、個人間の交流は双方に友好関係が築ける限り、継続していくことが大事かもしれませんね。

to*um*is*i*shi 
ずっと対立ではなく韓国が一方的に因縁をつけて方いるだけです

ken*****
約束さえも守れない隣人とは、あいさつ程度の関係でいい。
出来れば往来がない方がいい、私は玉川さんとは異なる意見です。

iwa***** 
長期的にも縁切りで良いんです
レッドチーム入りして中国と一緒に西側諸国と軍事的にも経済的にも敵対する国にどんな妄想抱いてるんですかねw

oya***** 
玉川氏はあまのじゃく的な性格なのである程度の人が韓国との付き合い方を変えようと言う考えなのに逆の事を発言する。
聞き方に依っては韓国擁護の発言である。
今の状況に合って韓国と手を打てと主張するが国民意識として無理でしょう。
数々の嘘と嫌がらせをする国とは距離を置いた方が良い。観光等で飯を食ってる人には厳しい日でしょうが韓国と付き合う以上リスクとは隣り合わせだと解っただけでも良かったのではないかと思う。

疲れ目で視力低下中
仲良し政策を続けた結果が現状を生んだ。別に仲良くしたくないというわけではなく、仲良くする為には原則を守る必要があるというだけ。




管理人の感想

テレビ朝日の玉川徹氏がどんな原理・原則で発言しているのかを考えると、彼にはど

うも「いい人・正義の人でありたい」というのがベースにあるように思います。

なので、沖縄で「米軍基地を撤去せよ」というデモが起これば、俄然張り切って、沖

縄の声を聞けと、ワアワア口角泡を立てて話し出す。また、韓国が「日本は戦争責任

を認めろ、謝罪せよ」と騒ぎ立てると、玉川氏は「日本は被害者の痛みを知るべき」

みたいなことを言い出す。

玉川氏はきっと弱い者の味方になろうとしているんだろうな。でも世の中、大声で文

句を言ってる人が正しいとは限りません。今回の韓国も主張が一方的で、日本に対す

る一連の批判は政治的判断や大統領の個人的信念によるところが大きい。今の韓国は

ファクト(事実)はどうでもよいのです。

ところが玉川氏の頭には、日本は軍国主義で太平洋戦争を起こした責任がある、悪い

のは日本だ、という考えが根底にあるので、韓国擁護のポジションになってしまうの

でしょうね。

玉川氏の解説には常に強いバイアスが掛かっていて、聞きづらいし、こんな思い込み

のはげしい男をテレビ朝日がコメンテーターとして、国民の前に出しているのが理解

できません。資料整理くらいをやらせておけばと思ってしまいます。




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。