安倍総理は行政が信頼を失っていると言う。総理のピンぼけ答弁が信頼を失っているのだ

安倍総理の国会答弁を聞いているといつも、ピンぼけの答弁ばかりで、あんな答弁は子ど

もたちに見せられないね。

小学生だって、安倍総理の答弁はピンぼけ答弁だってわかります。

加計学園の「首相案件」問題に関する安倍総理の答弁に対して、枝野幸男立憲民主党代表

が怒るのも無理はない。

安倍総理が言う。「愛媛県が作成した文書についてコメントすることはできない」と。

でもちょっと待ってよ。

柳瀬元秘書官は安倍総理の秘書官であったわけで、自分の元秘書の発言に関する文書なん

だから、「コメントできない」はないでしょう。

「森友問題」や「加計学園問題」について官僚のせいにしつつ、元近畿理財局長の佐川

氏の国民をバカにしたあんな答弁を隠れみのして平気なのである。

もう、政治家というのはこれほど、厚顔無恥な人間でないと務まらないものですかね。

愛媛県には、柳瀬元秘書官に関する多数の証拠があるはず。

柳瀬経産省審議官が新しく出てくる証拠に対して、いつまで保つものやら。

「首相案件と言った覚えはない」と柳瀬氏は言い張っているが、佐川氏の答弁と何やら雰

囲気が似ているね。

国民が政治不信になっているのは、多くの真面目な公務員のせいではない。

国民が政治不信になっているのは、安倍総理を中心とする取り巻き政治家たちと安倍一派

におもねる官僚たちの不誠実な態度なのだ。

佐川元理財局長の国会答弁を思い出すとホント、腹立たしいね。

あんな連中を盾にして身を守ろうとしている安倍総理には「恥を知れ」と言いたい。

保守系の人は、「恥を知る」人たちだと思ってたんだけど、安倍総理とその取り巻きの

方々はどうもそうではないようだ。

現政権のヨイショ評論家たちは、野党はいつまで「森友」「加計」に絡んで、政治空白を

生み出しているんだと、もっともらしいことをいってるけど、身の周りのことをちゃんと

できない総理大臣や政治家に国を任せられないでしょ。

とまあ、こんなことを思いました。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。