スポンサーリンク

フランス当局がJOC竹田恒和会長を贈賄容疑の捜査対象に。まさかゴーン事件の仕返し?

2・3年ほど前、国会でも問題になっていたと思うんだけど、なぜ、今の段階でフランス

当局はJOC会長・竹田恒和氏を贈賄疑惑捜査の対象にしたのでしょうか。

息子の竹田恒泰氏もびっくりでしょうね。

まさかゴーン逮捕の仕返し?

これではフランスも中国と一緒になってしまうんだけど。

仏当局、JOC竹田会長を贈賄容疑で捜査開始 東京五輪招致巡り 竹田氏は否定
毎日新聞2019年1月11日 20時30分

【ブリュッセル八田浩輔】2020年の東京五輪・パラリンピックの招致活動に不正があった疑いがあるとして、フランス司法当局が、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)に対し贈賄容疑の捜査を始めたことが明らかになった。仏メディアが11日、司法当局筋の話として報じた。竹田氏は「不正はなかった」とのコメントを出した。

AFP通信や仏紙ルモンドによると、正式な裁判の前に取り調べをする「予審」の手続きが昨年12月10日に始まった。東京五輪・パラリンピック招致委員会(14年解散)がシンガポールのコンサルティング会社に支払った約230万ドル(約2億3000万円)の一部が、選考に絡む国際オリンピック委員会(IOC)関係者に渡った疑いがあるとみて、捜査しているもようだ。竹田氏は招致委の理事長を務めていた。

竹田氏は11日発表したコメントで「調査協力として担当判事のヒアリングをパリで受けた。招致委は、コンサルタント契約に基づき正当な対価を支払った。贈賄にあたるような不正なことは何も行っていないことを説明した」などとした。

仏当局は、16年のブラジル・リオデジャネイロ五輪と東京五輪の不正招致疑惑について、捜査を続けてきた。AFP通信などによると、リオ五輪招致を巡る収賄などの疑いで、セネガル出身の元IOC委員で国際陸上競技連盟(IAAF)のディアク前会長を起訴。前会長の息子にも逮捕状を出し、国際刑事警察機構(インターポール)を通じて国際手配しているが、セネガル政府が引き渡しを拒否している。日本の招致委の費用支払先のシンガポールのコンサルティング会社の経営者とディアク氏の息子は、友人関係にあったという。

20年の夏季五輪開催都市は東京のほかマドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)が立候補し、13年のIOC総会でIOC委員の投票で決まった。

そもそも、日本のオリンピック招致委がオリンピック誘致に向けて契約したシンガポール

のコンサルティング会社って何をする会社だったのですかね。

そこが具体的に何をできるのかを考えた場合、各国の投票権を持った招致委員にプレゼン

ト攻勢をかけるか、買収するしかないように思うんですけど。

日本の良さをアピールするなら、日本をよく知った日本人がやる方がいいに決まっている

もの。

このシンガポールのコンサルティング会社のことは竹田会長もよく知らないと言っていま

したが、結局、2億3000万円もの資金(税金)をよく分からん会社に渡して、オリン

ピック誘致の仕事を丸投げしたっていうことではないかな。

竹田JOC会長がフランス当局に事情聴取されたのは、フランスがロシアのドーピング疑

惑を捜査する過程で、このシンガポールのコンサルティング会社が浮上してきて、どうや

ら日本の竹田JOC会長もオリンピック誘致に向けてこの会社と絡んでいるらしいという

ことになったようです。

ただ、竹田会長が逮捕されたとか、贈収賄事件として起訴されたとかいうのではなくて、

その前の段階だということです。

これをフランスでは予審手続きと言い、裁判所の裁判官が証拠を精査して、裁判に持ち込

むのが適正かどうか、起訴するかどうかを判断する手続きらしい。

その結果、免訴ということになればお咎め無しで、竹田JOC会長は事情を聞かれただけ

ということになります。

ただ担当裁判官(予審判事)はフランスでは有名な切れ者らしい。

2年前、JOCの調査では「招致委員会が行った金銭の支払いに違法性はなかった」とい

うことになったけど、今度のフランスの予審手続きではどうなるのでしょうか。

だって、JOCが、オリンピック招致委員会の2億3000万円の支出に違法性があった

なんて言えないものもね。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。