スポンサーリンク

「ビキニで登山する有名クライマー、山で凍死」タイトルに偽りあり

「ビキニ・クライマー」として知られる台湾人女性が、登山中の事故で亡くなっていたこ

とがわかりました。

最初、ヤフーニュースを見たときのタイトルは『ビキニで登山する有名クライマー、

山で凍死』というもの。

この表現だと、ビキニ姿のままで登山するという意味でしょ。

山にはヤブ蚊もいるし、高所になれば気温も低い。こけると怪我しやすい。

ビキニ姿で登山ができるの?と思ったけど、記事を読んでみると、実際は登頂した後、そ

こでビキニに着替えて、絶景をバックに写真を撮っていたというもの。

記事を書いた記者さん、日本語の使い方が間違っているよ。

まあ、PVを増やすために、わざとセンセーショナルに書いたんでしょう。

この女性登山家は1月19日(現地時間)には元気でしたが、その後、滑落して動けなく

なったらしい。

天候さえ良ければ、ヘリコプターで救出できたであろうに、運の悪いことでした。

凍死ということですが、冬場に3900mの山に登るのに、ベテランクライマーが防寒対

策をしていなかったのでしょうか。

まさかビキニクライマーだから薄着だったなんてことはないでしょうし。

〈出典:YouTube〉「ビキニクライマー」 Gigi Wu

画像

〈画像出典:はちま寄稿

画像

ビキニで登山する有名クライマー、山で凍死

2019年1月22日  女性自身

「ビキニ・クライマー」として知られる台湾人女性が悲劇の死を遂げていたことがわかった。

ジジ・ウー(36)は、世界各国の山岳に登り、山頂に到着するとビキニ姿で写真を撮影することで名を馳せたクライマーだ。絶景をバックに撮影するビキニショットはSNSで人気を博し、多くのファンを獲得していた。

台湾ニュースによると、ウーは現地時間19日、3,952mと台湾で最も標高が高い玉山へ挑戦中に20メートルほど滑落。脚を負傷して動けなくなり、救助を求めたという。現地は悪天候のため救助隊はヘリで近づくことができず、徒歩での救助をやむなくされた。事故からおよそ28時間後、隊員はウーのもとにたどり着いたが、彼女は既に死亡していたという。

彼女のFacebookへの最後の投稿は18日。「今日は大きな太陽でお祝い!」というキャプションを添えて、美しい山頂からの写真をシェアしていた。この投稿には、訃報を知ったファンから「たくさんの素晴らしい写真をありがとう」「あなたは本当に勇敢でした」といった追悼のコメントが続々と寄せられている。

来日したこともあり、Facebookには2015年に槍ヶ岳の山頂で撮影した写真が遺されていた。

このニュースへのコメント欄

皆さん、私とほぼ、同じ感想です。

&iou***** | 6時間前
タイトルが紛らわしい。
訃報なんだから、タイトルも真面目につけるべきだと思う。

bro***** | 5時間前
ビキニで登山はやっていない!
これっぽちも、死者に対する哀悼敬意のない、視聴を増やすための悪意のあるタイトル

agechan | 7時間前
ビキニ姿で凍死したみたいなタイトルにだまされた。

emi***** | 7時間前
あーあって感じ。

ttps | 7時間前
あららって感じ。

bww***** | 3時間前
クライマーとは、climbをする人で、つまり、登攀者です。
彼女は、ウォーカーで、クライマーではありません。登山者=クライマーではない。

b*u*s*u*1192 | 2時間前
ビキニ関係ないやん。

nao***** | 1時間前
ビキニで登山じゃないでしょ?タイトルに嘘はまずい。

スポンサーリンク
関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。