スポンサーリンク

前五輪相のHP『桜田よしたかの公式ページです』の謝罪文を見て【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

管理人の感想

『桜田よしたかの公式ページです』という前五輪相・桜田義孝衆議院議員の公式ホームペ

ージにこないだの心無い発言「復興以上に大事なのは高橋さんだ」に関する謝罪文が載っ

ていました。

「この度は、私の発言により多くの国民の皆さまに多大なるご迷惑や不快な思い、ご心配

をお掛けしたことを心よりおわび申し上げます。

もちろん、被災地の復旧復興は私の一番の願いであります。この度の私の発言の責任をと

り、国務大臣の職を辞することを決断しました。

すべての国民の皆様に重ね重ね謝罪すると共に今後とも被災地の復興に全力を傾けていく

ことをお誓い申し上げる次第です。  衆議院議員 櫻田義孝」

丁寧な言葉で「被災地の復旧復興は私の一番の願いであります」と書いています(パソコ

ンを使えない桜田氏ですから誰かに書いてもらっています)が、既に言ってしまった愚か

な発言を後になってどんな丁寧な言葉で言い繕っても相手の心には響きません。(´-ω-`)ウーン

だって、本当に東北大地震の被害者の悲しみと苦労を理解していたら、被災地の復興よ

り、自民党衆院議員・高橋比奈子氏の方が大事だなどと絶対に言えないもの。

たとえ、リップサービスだったとしても、桜田義孝衆議院議員にとって東北の被災地の復

興はその程度の位置づけしかなかったといういうことです。

この桜田氏の頭の中は一事が万事、そうした上っ面の浅い考えなんでしょうね。

例えば、桜田氏の頭の中には「パラリンピック」という言葉や概念が入っていなかっ

た?。大臣になるまで、障害者のスポーツについてはほとんど興味を持っていなかったの

ではないでしょうか。

ですので、大臣就任会見で「 東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣の桜田

義孝です」と自己紹介するところを「東京ぱらんぴっく、ぱらぴっく、パラピック競技大

会、東京パラリンピック競技大会担当 …」と何度も読み間違えてしまったのです。

そして、彼は五輪大臣に任命されてからも職務・職責について勉強してこなかったので、

いろんなところで読み間違えや間の抜けた答弁が続いたのです。

私達は名もない一介の庶民ですけど、それぞれの持場で責任を持って仕事をしていかない

といかんなあと思った次第です。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。