レスリング伊調馨選手へのパワハラが4件。栄監督の肩車は変。人柄は?

スポンサーリンク

伊調馨選手へのパワハラを認定

伊調馨選手と田南部コーチへのパワハラが、第三者委員会調査によって4件認定されまし

た。

パワハラ認定というものは、1件、2件と数え上げていくものなんですね。知らなかった

です。

だとするなら、調査対象になった2008年8月から2018年3月までの10年間のパ

ワハラ件数が、たったの4件というのはいくらなんでも少なすぎます。

栄監督自身の発言や栄監督の息のかかった部下・後輩たちの発言や態度は、伊調馨や田南

部コーチたちに陰に陽にパワハラとして働いていたはずです。10年間にたったの4件と

いうのはあり得ない数字です。

栄監督が自分の元を去っていった伊調馨やその支援者のことをよく思わず、嫌がらせをし

てできれば伊調馨を代表選手にしたくないと画策したことは容易に想像できますし、第三

者委員会の調査報告書にも栄監督は逆恨みに似た狭量な心情で伊調馨たちにパワハラを働

いていたと指摘しています。

栄監督の肩車は変。どういう人柄なの?

2010年2月には、栄監督が伊調馨に「よく俺の前でレスリングできるな」と発言して

いたことがパワハラとして認定されていますが、そんな心境になっていながら、栄監督

はオリンピックで金メダルをとった伊調馨選手を肩車してコートを回っていたんですね。

伊調馨を逆恨みしてパワハラまでしていた栄監督に、伊調馨選手が肩車してほしいわけが

ありません。それにいくら格闘技のレスリングでも、女性が男性の首をまたいで肩車して

ほしいものでしょうか。

テレビで見た栄監督の肩車には違和感がとてもありましたね。

優勝した女性を肩車するなんてシーンは、子供は別として他の競技でも見たことがない

し、他人である女性を肩車していたのは栄監督ぐらいだと思いますね。

栄監督はその時点では、すでに伊調馨選手を逆恨みしてパワハラをしておきながら、オリ

ンピックで優勝したら肩車をしてコート内を歩き回っていたのです。

それで今回のパワハラ問題でTV映像がよく流れて来ましたので、栄監督が伊調馨選手を肩

車する時のシーンをよく観察したところ、伊調馨選手の同意を得ないまま、栄監督が自分

勝手に肩車を強引にしていたんですね。

映像では、オリンピックで優勝した伊調馨がインタビューを受けていたのですが、その

際、栄監督が伊調馨選手の背後からいきなり、その股間に頭を突っ込み、彼女を肩車して

しまったのです。その動きたるや実にすばやいものでしたね。

伊調馨選手の了解を取らないまま、背後からいきなり肩に担ぎ上げたことに、非常に違和

感を持ちました。

子供じゃあるまいし、若い女性が監督とはいえ、おっさんに肩車してほしいものでしょう

か。普通、顔を合わせて「監督、肩車して」ぐらいのアイコンタクトが有って初めてする

ものじゃないかな。

それに他のスポーツでも優勝した女性を肩車するなんて光景を見たことがありません。

ですので、レスリングという世界はそういうことをして当たり前の世界なんかなとちょっ

と違和感を持ってみていました。

栄監督は、その時点ではすでに伊調馨選手を逆恨みしてパワハラをしていたのに、なぜ頼

まれもしない肩車を強引にしたのでしょうか。(伊調馨選手はそのときは、すでにパワハ

ラを受けていたのですから、栄監督に肩車してほしいと思うわけがありません)

今にして思えば、その肩車は「金メダルを取らせたのは監督のこの俺だぞ」とみんなの前

で言いたかったからでしょう。

金メダリストを肩車すれば、自分も必ずテレビに写りますからね。

栄監督にしても、普段は逆恨みしている伊調馨選手を肩車なんかしたくもなかったでしょ

うが、名誉欲や俺が俺がという目立ちたがり屋の性格がそうさせたのでしょう。

結局、調査委員会の報告は、パワハラ告発状に書かれていたパワハラの具体例はパワハラ

と認定せず、別件のたった4件をパワハラと認定した辺り、公正であるべき第三者委員会

がかなりレスリング協会よりだなと思いましたね。

委員会報告は、『告発状のパワハラ指摘は全くあたっていないよ。でもレスリング協会は

民主的で公正な組織だから、ちゃんと調査してやったよ。そしたら別の4件のパワハラが

みつかったよ』ということですから。

でもまあ、こういう調査結果になったのは、伊調馨選手や田南部コーチがすべて正しいと

はレスリング界の人たちに思われていないのでしょうね。

実際に、伊調馨選手や田南部コーチの行動を自分勝手だと見ている人たちも多いようで

す。

そのことはパワハラ告発状が明るみに出た途端、レスリング協会の福田会長や栄監督の所

属する至学館大学学長が全く調査もしないまま、パワハラはなかったと断言したことから

も推察できます。

ですので、多くのレスリング関係者は、栄監督を中心としたパワハラがあったことはよく

知っていたんだけど、さりとて自分勝手な行動が目立つ伊調馨選手たちを両手を上げて応

援はできないなという感じだったのでしょう。

そのあたり、次のNEWSポストセブンの記事に記述があります。『伊調馨「パワハラ告発」にレスリング関係者が同調しない理由』

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。