グチャグチャの相撲協会。心臓マッサージしていた女性に土俵から降りろ!

舞鶴市巡業において、土俵の上で挨拶をしていた舞鶴市長が倒れた時の対応で、日本相撲

協会の女性差別が世界中の話題になりました。

スポンサーリンク

相撲協会は女性が総理大臣になったときどうするの

土俵は女人禁制だということは、素人の私でも知識としては知っていますが、それにして

も、脳内出血か心臓麻痺かいずれにせよ、緊急を要す状況で倒れて痙攣している市長に対

して心臓マッサージをしている女性に土俵から降りろ(介抱はやめろ)とよく言ったもの

です。

どんな世界にもしきたりが有るでしょうが、人命救助を優先するのか、しきたりを優先す

べきなのか、ちょっと考えればわかりそうなもの。

その上、後からわかったのですが、倒れた直後の様子を春日野巡業部長はポケットに手を

突っ込んだまま、会場出入り口のところでのんきに傍観していたのです。

巡業の責任者ともあろうものが、土俵の上で人がたおれて大騒ぎしているのに、あんな態

度でいたのはいくらなんでもひどいね。

「のんきに」と言われてもしようがありません。

春日野巡業部長の支援者はポケットに手を突っ込むのは、春日野巡業部長のいつもの癖だ

と擁護していましたが、見当違いの擁護です。

土俵の上で人が倒れたのです。

巡業の責任者として、まずは土俵下に駆けつけて、必要な指示をスタッフにすべきで

しょう。

それなのにポケットに手を突っ込んで土俵を遠くからながめていた春日野巡業部長は、批

判されて当然だと思いますね。

責任者は人命に対してもっと敏感でなければなりません。でも、横綱が3人もがん首揃え

て暴行現場にいたのに、貴乃花親方が告発するまで、知らんぷりをしていた相撲協会だか

ら無理ないかもね。

相撲協会の見識、良識、危機管理能力は、もうグチャグチャの様相を呈してきました。

ついでに言うなら、相撲協会に寄生して生きている相撲評論家の皆さんも言うことがグチ

ャグチャ。

例えば、横野 レイコ氏。武道たる相撲のことが全くわかっていません。横綱の何たるか

をわかっていません。

あと、大隅潔(おおすみいさぎ)氏と大見信昭氏の言うこともよくわからないです。

本当は寄生主の相撲協会を擁護したいんだけど、世論が貴乃花親方を指示していたので、

世論におもねった発言をしておきながら、一方で相撲協会を擁護するため、言うことが支

離滅裂。

大見氏は、今日のワイド番組でも、舞鶴市での女性差別問題の後、女性は子供でも土俵に

上げないという相撲協会に対して、訳のわからん解説をして、MCや出演者の苦笑をかっ

ていました。

さて、そんな相撲協会の改革を叫んでいた貴乃花親方は、弟子の暴力事件で相撲協会に完

全降伏。

組織に立ち向かうなら、もっと賢く戦うべきでした。

相撲協会と戦争中なのに、無断欠勤するなんて、脇が甘すぎます。

案の定、そこをつかれて、降格につぐ降格。

ナンバー2からナンバー89になってしまいました。

これでは身動きできなくて、組織の改革どころじゃ、ありません。

一兵卒として出直すそうですが、残念なことです。

さて、相撲協会の皆さん。

今後も、女性を土俵に上げないのですか。

いずれ、女性の総理大臣も生まれてきます。

女子相撲をどう位置付けるのでしょうか。学生の選手権もあります。

相撲人口の裾野を広げるのに女性も大きな力になっていると思うんですけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。