仮想通貨を買いたい。販売所、交換所、取引所はどう違うの?

初心者の私ですが、仮想通貨をいずれ買ってみたいと思い、いろいろ勉強しています。

そこで、仮想通貨を扱っている会社のホームページを開くと、販売所、交換所、取引所の

別がありました。

初心者の私は、どこで仮想通貨(ビットコインやモナコイン)を買ったらいいの?

スポンサーリンク

仮想通貨の販売所、交換所、取引所の違い

まず、販売所、交換所、取引所となっていますが、銀行や証券会社のような実店舗がどこ

かの通りにあるというわけではありません。

仮想通貨はインターネット上に存在するデータですので、その取引所、販売所もインター

ネット上に存在する店舗です。

交換所と取引所は同義語

まず「交換所」と「取引所」という用語は、同義語と考えていいです。

したがって、「交換所」と「取引所」は同じ業務内容で、仮想通貨の売買をするところで

す。

では販売所とは何をしているところでしょうか。

「販売所」と「取引所・交換所」の違い

販売所も仮想通貨の売買をするところです。

しかし、「販売所」と「取引所・交換所」には、大きな違いがあります。

販売所の場合

販売所の場合、私と売買する相手は、販売所を運営している仮想通貨業者です。

業者には、いろいろあって、例えば「テックビューロ株式会社」「株式会社マネ

ーパートナーズ」などです。

もちろん、例の事件で有名になった「コインチェック株式会社」もその一つです。

業者は、顧客との間で仮想通貨を売買するために、一定量の仮想通貨を保有していま

すので、私が販売所(販売所を運営している業者)に、円を支払えば仮想通貨を買うこと

ができます。

また、私が、手持ちのビットコインを販売所で売れば、販売所を運営している業者から円

を支払ってもらうことができます。

このように、「販売所」では、仮想通貨業者と私(顧客)との間の売買となります。

では、「取引所・交換所」ではどんな売買になるのでしょうか?

「取引所・交換所」における売買

取引所では、仮想通貨を「売りたい個人」と「買いたい個人」とが、直接、売買すること

になります。

ここが、販売所の売買と大きく違うところです。

ではどのようにして、仮想通貨を売りたい個人と買いたい個人とが、直接、売買すること

ができるのかというと、株式の売買やFXの取り引きに似ています。

たとえばビットコインであれば、「ビットコインを買いたい人」と「売りたい人」とが

「取引所・交換所」に注文を出し、売買の価格が一致するときに取引が成立することにな

ります。

仮想通貨業者は、各個人の希望する買値と売値をインターネット上の取引画面にリアルタ

イムで示し、それを見た顧客が納得した時に売買注文を出せばいいのです。

「販売所」と「取引所・交換所」の取り引きの違い

販売所の場合

私は販売所が提示する売買価格で売買することになりますので、確実にビットコインを売

買できます。

一方、

「取引所・交換所」の場合

①「取引所・交換所」の場合は、取引に参加している顧客間で売買していることになりま

す。

②売買注文の売値と買値が取引画面に映し出されますので、自分が売ろうと思った価格、

または買おうと思った価格のとき、注文を出せば、売買が成立することになります。

業者は仮想通貨の売買でなぜ儲かるのか

会社側の売値(つまり私の買値)の方が、会社側の買値(つまり私の売値)より高いので

す。

ですので、その差額が会社の儲けとなります。

「販売所」と「取引所・交換所」の価格差の違い

「販売所」の売値・買値の価格差(スプレッド)の方が、「取引所・交換所」のスプレッ

ドより圧倒的に大きいです。

ですので、顧客としては、「取引所・交換所」で売買するほうが、経費が少なくて済みま

す。

売値・買値の価格差のことを、FXでも「スプレッド」といいますね。

以上、『仮想通貨の販売所、交換所、取引所の違いはどうなっているの?』でした。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。