スポンサーリンク

11人が相次いで死亡した介護老人保健施設理事長、別の社福法人「私物化」で解職【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

管理人の感想

さて、今日のニュース。

熊本県八代市で特別養護老人ホームを経営する社会福祉法人「龍峯会(りゅうほうか

い)」の林邦雄理事長(76歳)と業務執行理事の妻と娘の計3人が、当法人から役職を解

職されました。

その解職理由は、この3人が自分たちの私的な飲食代などを法人に支払わせたり、法人が

「公用車」として購入した高級車BMWを娘が私物化していたこと。

こんなセコいことをやる連中ですから、やっぱり他所でも入居老人を食い物にしていまし

た。

林邦雄氏は同市内で、介護老人保健施設を運営する医療法人の理事長も務めており、同法

人が運営する老健施設「アメニティゆうりん」において、常勤医不在時に入所者が11人

も死亡するという事件を起こしていたのです。

わずか数ヶ月で11人も死亡するなんて尋常じゃないですけど、警察沙汰にはならないの

ですかね。

老健施設「アメニティゆうりん」は、何だか現代の合法的「姥捨て山」のような気がしま

す。

家族は高齢のおじいちゃん、おばあちゃんの介護に疲れ果てている。そこに高齢者をあず

かってくれるというありがい老健施設「アメニティゆうりん」があらわれる。

介護で疲弊した家族は、藁をもつかむ気持ちで、「アメニティゆうりん」に家族を預け

る。

老健施設の運営が雑であろうと、入居者を大切にしていないと感じようとも、あずかって

もらえるだけでありがたく、抗議なんかできない。

だって、介護疲れで家族を殺める人も現実に出てくるぐらいですから。

こないだ、兵庫・明石市の老人ホーム内で、90代の高齢者が孤独死していたのに、施設

側は2週間も気付きませんでした。

老人ホームの入居者が死亡してから2週間も気づかれないなんて、普段からよほど放ったら

かしにされていたと思うんですけど、経営者の入居者に対する気持ちはどうだったのでし

ょうか。

11人死亡の老健理事長、別の社福法人「私物化」で解職

6/9(日) 13:28配信 朝日新聞デジタル
熊本県八代市の特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人「龍峯会(りゅうほうかい)」の理事長らが、私的な飲食代を法人に肩代わりさせたり公用車を私物化したりしていた問題で、同法人は8日、理事会を開き、同市から辞任を求められていた林邦雄理事長(76)と業務執行理事の妻、娘の計3人の解職を決議した。

同法人運営の特養ホーム幹部によると、8日の定例理事会には林理事長を含む理事8人が出席し、妻と娘は欠席した。議事の最後に緊急動議が出され、3人の解職が可決された。新理事長には特養ホーム施設長の坂田礼子氏が選ばれた。

解職された3人は理事にはとどまることができるが、理事会が理事の辞任を求めるかどうかを改めて検討するとみられる。

同法人については市が2018年度までの監査で、林氏と妻、娘が私的な飲食代などを肩代わりさせたほか、法人が「公用車」として購入した高級車BMWを娘が私物化していたと認定。車購入費の弁済や理事会メンバーの刷新、理事長や業務執行理事の辞任などを勧告したが、林氏は自身の理事長辞任には応じていなかった。

林氏は同市内で介護老人保健施設を運営する医療法人社団「優林会」の理事長も務めており、同法人が運営する老健施設「アメニティゆうりん」では昨年2~5月の常勤医不在時に入所者11人が死亡するなどの問題が起きて、熊本県が運営改善などを勧告している。〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000012-asahi-soci

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。