スポンサーリンク

すぐには難しいが、引きこもりの解決に向けて一歩づつ前進

引きこもり問題の深刻な状況は女性に限らず、男性も同じです。

確かに社会調査では、引きこもりの女性を「家事手伝い」という職種に入れて、引きこも

りが隠れてしまっている状況はあるだろうけれど。

スポンサーリンク

引きこもり女性の実態

ひきこもる女性たち 家事手伝い、主婦…可視化されにくく
7/16(月) 11:51配信 北海道新聞

「一歩外に出る勇気がない」と悩む
成人になっても長年外に出られず、家にひきこもっている女性たちがいる。多くが「どう生きていいか分からない」「一歩外に出る勇気がない」と悩み、人生に希望を見いだせない人たちだが、「家事手伝い」などと見なされ、社会問題として十分に認識されていないのが現状だ。彼女たちがひきこもった背景には何があるのか。社会で生きていくためにどのような支援が必要なのか。「ひきこもる女性たち」の実態や支援する人たちの姿を追って考えた。(片山由紀)

「辞めさせたいんだな」と感じる
札幌市内に住むりょうこさん(46)=仮名=は20年間、ほとんど家を出ない生活を続けている。ひきこもりのきっかけは高校卒業後に就職した職場でのいじめだった。りょうこさんが書類作成でミスをすると、上司はりょうこさんにだけ、初めから書き直すよう命じた。

同僚から「あなたは会社のお金を横領しそう」と言われたり、通常幹部社員がやる仕事を押し付けられたりしたこともある。「辞めさせたいんだな」と何度も感じた。

体調を崩し、8年で退社し、それから外に出られなくなった。今も精神科に通い続ける。「何度も死のうと思った。働かなければならないと思うが、外は刺激が強すぎて疲れる。人と会うのも怖い」と語る。

十勝管内在住の千夏さん(23)=同=は小学校3年生で不登校になった。体調を崩してしばらく学校を休んだ後、再び登校すると友達がよそよそしく、勉強も付いていけなくなった。中学校からフリースクールに通い、通信制の高校を卒業し、道央の大学に入ったが、授業の課題や通学が負担になり、中退した。今は地元に戻り、自宅で趣味の絵を描きながら病院でリハビリも続けている。

「なぜ自分は人と同じようなことができないのか」と自分を責めては落ち込むことを繰り返す。「自分は生きていていいのだろうか」と何度思った分からない。「崩れていく階段を上っている感じ。それでも、何とか一歩踏み出したい。胸を張れる自分になりたいんです」。声を振り絞って語った。

ひきこもる女性たち 家事手伝い、主婦…可視化されにくく

「一歩を踏み出すきっかけが必要」

 ひきこもりの経験がある女性らでつくる一般社団法人「ひきこもりUX会議」(東京)が2017年にひきこもりの当事者、経験者369人を対象に行った実態調査によると、回答者の平均年齢は37・7歳。ひきこもりの時期は「10年以上」が全体の37%。「生きづらさを感じる」と答えた人は68%に上った。

また、ひきこもった原因(複数回答)で最も多かったのは「精神的な不調や病気」(70・5%)で、「コミュニケーションの不安」(58・8%)が続いた。

自身もひきこもりの経験があるUX会議代表の林恭子さん(51)は「ひきこもりの人たちはいじめやパワハラ、不登校などで傷付き、自己肯定感も低い。加えて女性のひきこもりは家事手伝いや主婦という肩書にくくられ、可視化されにくい」と語る。

林さんたちは昨年から、ひきこもりや生きづらさを抱えた女性たちが各地で集う全国キャラバンを始めた。昨年は札幌など12カ所で開催し、552人が参加した。毎回林さんらが自身の体験談を語った後、当事者たちによる交流会も開かれる。約1時間半の交流会が終わっても、話は尽きず、当事者たちだけで話し込むことも多々あるという。

林さんは「ひきこもり支援というと就労ありきだが、多くの人は『自分がこれから歩む道が見えず、自分が生きていていいのだろうか』と悩んでいる。まずは一歩を踏み出すきっかけが必要」と語る。

「一人じゃないよ、仲間がいるよ」

 林さんたちの活動をきっかけに、ひきこもり経験者や当事者たちが互いを支え合う場も生まれつつある。6月5日に札幌市内で開かれたUX会議の女子会。終了後、参加者の一人が帰ろうとしていたほかの参加者たちに声をかけた。「札幌で女子会つくりませんか」

声をかけたのは札幌市内の会社員あやさん(32)=同=だ。中学2年から不登校になり、高校も休みを繰り返しながら、何とか卒業した。「あの時のつらかった経験があるから、今をよりよく生きたいと思える。一人じゃないよ、仲間がいるよと伝えたい」。そんな思いで発した一言だった。

少し間を置いて声が飛び交った。「やりましょう」「ぜひ誘ってください」。参加者たちがあやさんを囲み、連絡先を交換し合った。小さな輪が少しずつ膨らんでいった。

正確な実態を伝えようと思えば、調査用紙に「無職(引きこもり)」と書けばいいだけの

ことだけど、家族はとてもそのように事実を記入することはできないですよね。

1200万人の大都市、東京であれば、そのように記入することも可能かもしれないけ

ど、それ以外の地方都市や田舎では市役所の職員に見られる調査用紙に我が子が引きこも

りとは、書けないですね。

それは、たんに世間体を気にするということではなくて、いずれ社会参加していくことを

本人も家族も願っているわけで、そうした時に、最近まで引きこもりをしていたという事

実は、就職試験・面接等で絶対に不利になるからです。

それに、調査用紙にそうした本人にとってマイナス情報を書き入れることで、何か当該の

市町村から援助を受けることができるでしょうか。そんなことは全く無いですよね。

ですので、女性の場合、「家事手伝い」と記入することになると思います。この点、引き

こもり男性についても同じ状況があると思います。

男性の場合は、「家事手伝い」とはしないでしょうが、当該世帯が商売をやっていれば、

「家業手伝い」に入れるケースが多いのではないでしょうか。そうでなければ、「アルバ

イト」とか「非正規雇用」みたいな分類に。

ですので、引きこもりの実態は、男女とも、国や市町村が把握している数より、多いはず

です。

そこで、問題はその引きこもりの人たちをどのようにして救出するかということです。

引きこもりの人たちの多くは引きこもりの過程で「うつ症状」を経験していると思いま

すので、精神科医と家族と本人とが連携して一歩を踏み出すしかありません。

そこで行政はその踏み出す場所を提供することが、取り敢えずできることではないでしょ

うか。

スポンサーリンク
関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。