スポンサーリンク

【超初心者のWordPress第2日】無料ブログとWordPressブログの違い

こんにちは。

超初心者のWordPress第2日目です。

超初心者だということは、このブログを見ていただければ一目瞭然。😓

このブログのテーマに「わいひら」氏作成の無料テーマ「Cocoon」を使わせてもらっているんだけど、使い方が全くわからないまま使っています。

これまでは、Cocoonの前モデルの「simplicity」を使っていて、そっちには少しは慣れましたが、なんせWordPressの仕組みがわかっていないので、テーマ「simplicity」のカスタマイズも全然できませんでした。

そんなわけで、おいおいCocoonの使い方も勉強していきますので、しばらくは見づらいこのブログで我慢してくださいね😅

スポンサーリンク

無料ブログとWordPressブログの違い

25年ほど前、Windows95が出たとき、職場でもホームページ作成が話題になりました。まだ「ブログ」の方は世間ではあまり話題になっていなかったと思います。

それで、ホームページ作成のためのソフト「ホームページビルダー」がけっこう出回り始め、僕も見よう見まねでそれを使って作りました。その時の経験では、素材を一々アップしていかなければならず、今のブログの管理画面に比べてずいぶん面倒くさかったことを覚えています。 

「ホームページビルダー」で作成したサイトは、HTMLで書いたサイトですので静的なサイトであって、更新するときに一々HTMLを書き直して更新しなければならず、面倒でしたね。HTMLの学習もしていませんので、ローカル(自分のパソコン内)にアップしてそれっきりでした。

さてその後。

Windows95以降、インターネットが爆発的に発達して、この僕もブログの世界に仲間入り。

最初は「無料ブログ」でチャレンジしました。
その理由は無料だから、失敗しても損害なし。\(^o^)/

無料ブログの種類とメリット・デメリット

無料ブログの種類

無料ブログを運営している会社はたくさんあります。

例えば、
Amebaブログ
ライブドアブログ
FC2ブログ
楽天ブログ
Seesaa
gooブログ
はてなブログ
エキサイトブログ
Yahoo!ブログ
忍者ブログ

などです。

どこを選ぶかのポイントは、自分のブログにアクセスが集まるようになって、グーグルやアマゾンの広告を貼りたくなったとき(アフィリエイトをしたくなったとき)、広告掲載の制約の少ないところがいいと思います。

あとは自分の好み(運営会社の好き嫌いとか、無料ブログの管理画面の見やすさとか)で決めたらいいです。アメブロなんかは芸能人枠があるし(^o^)

さて、自分が使いたい無料ブログさえ決めれば、あとはその無料ブログに申し込んで、作成案内にそってパソコンを操作していけば、簡単に自分のブログを作成してインターネットにアップすることができます。
これは超初心者の僕ができたので誰でもできますよ。

無料ブログのメリット

①何と言っても、独自ドメインを取ってレンタルサーバを契約して運営するWordPressみたいに『データベース接続確率エラー』みたいなトラブルが起きないということです。

これは僕的には無料ブログの最大のメリットだと思っています。
無料ブログのシステムの運営・管理は会社がやってくれますので、ユーザーのあなたは魅力あるブログ作成に専念すればいいのです。

ブログ設定の知識がなくても、HTMLやCSSがわからなくても、ブログを書けるところがいいですね。

それに無料ブログもHTMLやCSSなどを勉強すればカスタマイズ(自分の好みにデザインや色等を変えること)できて、独自色を出したブログを作れます。
HTMLもCSSも勉強していない僕が言うのもおかしいですが😓

②無料です!
失敗しても経済的損失がなくて安心。

③WordPressブログより、アクセスアップが早い。(ただし、アップした当初だけ)

多くの無料ブログに、「読者登録」などの被リンクや「いいね機能」があって、独自のアクセスアップ効果が得られるようになっています。

そして、自分の加入した無料ブログサービス内にはそのユーザーが多数いますので、ユーザー同士のコミュニケーションが盛んで、これもアクセスアップに繋がります。
ただ、僕の経験では、無料ブログでもやっぱり、「おもしろいブログ」、「ユーザーにとって知りたいことが書いてあるブログ」を作らないとアクセスを集めることはできません。
初めてアップしたとき、50から60くらいのアクセスがあった程度だったと思います。それに対してWordPressブログは「独自ドメイン」という店名を看板に上げた言わば個人商店ですから、アップした当初は見てくれるユーザーはほとんどありませんでした。

④多くの種類の「テンプレート」が用意されている。

無料ブログのトップ画面には、花柄のデザインやフルーツのデザイン、あるいは星空のデザインとか、実にたくさんのデザインがありますが、そうしたブログのデザインを「テンプレート」と呼んでいます。僕たちはその中で好きなものを選んで自分のブログのデザインにしたらいいのです。

ただし、無料ブログ運営会社が用意してくれているテンプレートですから、人気のあるテンプレートは自分以外にも多くの人が使っていますので、自分のブログと同じデザインのブログが存在することになりますね。
そこで、同じテンプレートであっても、HTMLやCSSの知識があれば自分用にカスタマイズできて自分独自のブログデザインに仕上げることができることになります。

このテンプレートのことをWordPressでは、「テーマ」と呼んでいます。

無料ブログのデメリット

①ブログアカウントの削除リスクがある。

自分が独自に借りて運用しているレンタルサーバーではないので、無料ブログ運営会社の都合でブログアカウントを削除されたり、あるいはその会社が無料ブログサービスを停止するリスクがあるということです。

ただ、僕的にはいきなりこんなことはないと思っていますし、そんな目にあったという話は聞いたことがありません。

ブログのアカウントが削除されるようなことも、利用規約を遵守している限りはないはずです。公序良俗に反するような内容を書かない限りは大丈夫と思います。

②独自ドメインを使えない。

独自ドメインとは自分専用のブログのURLです。
(ただし、有料で独自ドメインを使えるブログサービスもあります。)

③自分のブログに無料ブログ運営会社の広告が優先的に表示される。ですので自分のグーグルアドセンス広告やアマゾンアソシエイトの広告を貼るとき、一定の制約を受ける。

ではWordPressブログはどうなんでしょうか。

すみませんm(_ _)m

今日はここで終わります。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク